ひまわり家族会

このページは、ひまわり家族会会員の皆様の文章により構成されています。

□ひまわり家族会とは
 神戸市須磨区で活動する精神障がい者の家族のセルフヘルプグループ(*後述) です。
ひまわり家族会の活動は1983年4月から始まり、現在に至っております。その間、多くの方々の支援を受けながら、特定非営利活動法人すまみらいと共に、家族会は後方支援の立場で日々悩めるご家族と共に例会等様々な活動を実施してきました。
 種々の医療、生活等の情報を交換・共有し、家族が全てを抱え込まなくても良いこと、 話すことによって元気づけられること、将来に灯が点ること等の思いを共有しています。
 そうした分かち合いから、少しでもご家族のこころの負担が軽くなり、親子、兄弟間の関係が改善され、今より生きやすい日々が家族にも訪れることを当会では願っています。
 また、精神障がい者やその家族を取り巻く社会的課題を社会に発信していく場でもあります。
 事務所は会長宅に設置していますが、普段の活動は協力機関である特定非営利活動法人すまみらいの事務所にて行っております。
 年会費2000円です。


□セルプヘルプグループとは
 セルフヘルプ(自助)グループとは、精神疾患やアルコール・薬物依存の問題、摂食障害、ひきこもりの問題などを抱えた人たちやその家族が、同じ問題や悩みを抱えた人と自発的に、当事者の意志でつながり、結びついた集団のことをいいます。
 1人で自分の問題から脱却することはむずかしいですが、グループメンバーと体験を共有し、分かちあい、自分の抱える問題や悩みをしっかりと直視して自分を変化させていくことができます。


□ひまわり家族会の具体的な活動
 ①新規発症家族等の相談
 精神疾患を患った子を持つ親の悩みを伺い、必要な情報等を提供します。
 安心して悩みを打ち明けられる場があること、同じような思いを持つ仲間がいることを知り、家族特有の心の負担を軽減することを目的としています。
 随時電話や面談等により実施しています。
 
②セルフヘルプグループ(例会活動)
 2か月に1回、精神障がい当事者の親同士が集まり、情報交換、勉強会、レクリエーション等実施しています。
 主な目的は分かち合いですが、精神保健福祉士を招いて精神保健福祉 医療に係る法制度や社会情勢についての知識を深める機会、レクリエーションを通じてホッと息抜きできる時間等も設けています。(奇数月の第2日曜日)

③事業所の支援
 須磨区の精神障がい者を主たる対象とした障害福祉サービス事業所の作業支援やイベント実施時のボランティア(バザー物品の販売手伝い等)活動を行っています。


□お気軽にご相談ください!
 家族会の活動に興味がある方、精神障がいについて同じ家族の立場の人に相談したいという方は、お気軽にお問い合わせください。
 まず、協力団体である特定非営利活動法人すまみらいにお電話ください。
⇒ 078-736-2967 (特定非営利活動法人すまみらい)

□メッセージ
○ http://nposumamirai.blogspot.jp/2017/06/blog-post_83.html
○ http://nposumamirai.blogspot.jp/2016/07/blog-post.html
○ http://nposumamirai.blogspot.jp/2016/05/blog-post_24.html
○ http://nposumamirai.blogspot.jp/2016/01/blog-post_18.html
○ http://nposumamirai.blogspot.jp/2015/11/blog-post_26.html
○ http://nposumamirai.blogspot.jp/2015/09/blog-post_16.html
○ http://nposumamirai.blogspot.jp/2015/07/blog-post_12.html
○ http://nposumamirai.blogspot.jp/2015/03/blog-post_27.html
○ http://nposumamirai.blogspot.jp/2015/01/blog-post_28.html
○ http://nposumamirai.blogspot.jp/2014/12/blog-post_1.html
○ http://nposumamirai.blogspot.jp/2014/08/blog-post.html